羽子板の魅力

羽子板について知りましょう

赤ちゃんが生まれて初めて迎える正月「初正月」に祖父母や親類縁者等が女児に羽子板を贈る習慣が、日本には古くからあります。羽根突きは女の子の遊びとして知られていますが、羽子板は赤ちゃんの無病息災の御守りの意味も持っているのです。また、昔は羽根の形をトンボに見立てて、トンボが蚊を食べる益虫であることから、お正月に羽根を突くと夏になっても蚊に刺されることがないと信じられてきたように、羽子板には昔から子供の健やかな成長を願う親心が込められているのです。 また、正月の羽根突き遊びは室町時代から行われていたという記録がありますが、当時は羽子板を胡鬼板、羽根を胡鬼子とも呼び、単なる遊びではなく正月を祝う意味もありました。

インテリアとしても楽しめます

日本の伝統工芸品には様々なものが存在していますが、羽子板は五月人形や雛人形、破魔矢等と並んで子供に関する代表的な縁起物です。しかし、近年ではライフスタイルの変化と共に住宅に飾るにも設置場所に困るという事情を多くの人が抱えています。特に大きな物の場合には収納場所の確保も困難になります。 そのため購入には二の足を踏んでしまう人が多いようですが、最近では販売業者もこうした事情を考慮して大きさの小さな種類も増えています。羽子板を伝統ある工芸品として飾り付けることで季節感を感じることができ、また煌びやかな物が多いので家の中が華やかになるインテリアとしても楽しめます。自宅に適した大きさの品物を配置にも工夫を凝らせば見栄え良く飾ることができることでしょう。