出産を祝う

出産内祝いのマナーは

出産内祝いとは、本来は出産の報告とあいさつを兼ねたものでした。また、お祝いをいただいたか、いただいていないかにかかわらず、赤ちゃんのお披露目の会を開くことがありました。現在では出産に対していただいたお祝いのお返しのこと、お礼の品を指すことが一般的になってきました。気を付けたいのは送る時期です。お宮参りが終わったころ、出産から30日前後で送るのがマナーとされています。半返しといって、いただいた金額や品物の半額ぐらいの値段のものをお返しするのが通常です。もらった金額より高いものを内祝いとして贈ることはかえって失礼にあたります。お祝いをいただいた方のリストを作っておき、出産内祝いの送り忘れがないように気をつけましょう。

内祝い品のおすすめは

出産内祝い品を選ぶときは、相手の好みや年齢によって難しいことがあります。無難なものは消えものといって、食べてなくなるお菓子や食品、日用品などはあたりさわりなく送ることができます。最近注目されているのは、カタログギフトです。カタログギフトは、さまざまなジャンルの商品が掲載されているカタログから、相手が好きな商品を選べるというものです。食品から食器、日用品、おもちゃや衣料品などたくさんの商品の中から好みのものを選んでもらえるので、相手によって商品を選ぶ手間が省けます。たくさんの企業がカタログギフトを販売しており、値段設定も幅広いので送る相手によってカタログを選び分けることができます。カタログギフトは出産内祝いだけでなく、結婚式の引き出物や香典返しなどにも多く利用されています。